ポケモンガオーレ恐るべし!

 先月の3連休に私は家族全員水入らずで自宅で過ごしたのだが、ポケモンの映画を初めて観に行くことになった。「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」は約20年前に公開されたポケモン映画1作目のリメイクで、フル3DCGである。長男は妻の実家宅で過ごしている間に、すっかりポケモンにはまってしまい、かなり前から観に行きたいと言われていたので、3人の子ども全員を連れて行った。実際に映画館に入ったのは、私と子供3人である。

 長男の興味は「妖怪ウォッチ」→「仮面ライダー」→「ポケモン」と1~2年おきに移り変わっているが、ゲーム機は買い与えていない。長男は夢中になると他のことをしなくなるので、当面は買い与えることは考えていない。だから、基本的にはテレビ放送が興味の中心だが、ポケモンに関しては妻の実家近くに暮らしている叔母のスマホに入っている「ポケモンGO」をさせてもらったらしく、更に近くにある「ポケモンガオーレ」というゲームセンターにあるゲーム機でさせてもらっていたようだ。近所の同級生もNintendo Switchで遊んでいるが、それは横から見させてもらっている形だ。「ポケモンガオーレ」は、「仮面ライダー」における「ガンバライジング」のようなゲーム機だろうと思って、あまり気にしていなかった。ただ「ガンバライジング」のような紙のカードではなく、「ポケモンガオーレ」はプラスチックのディスクを使用するので、同じ100円で遊べるのかな、と不思議に思った。上記の映画鑑賞で特典にそのディスクをもらえるので、長男は観に行きたがっていたのだ。映画を観終わった長男はそのディスクを手に、早速ゲームセンターに行って「ポケモンガオーレ」の前に並びだした。前に7・8人いるが、私と長男で並んで待った。長女と次男は妻と違うところに遊びに行ってしまった。しかし、一向に列が進みそうにない。それでも普段飽き症の長男は忍耐強く待ち続けた。あまり列が進まないので、後ろに並んでいる人も諦めだした。私は待ち時間を予測するために、一人当たりの時間を計りだした。すると、なんと18分くらいかかっている。3人で1時間もかかるのだから、それは進まないはずだ。待ち時間の間に「ポケモンガオーレ」について調べだした。そして分かったことは「ポケモンガオーレ」は結構金食い虫だということだ。とりあえず、1回100円でゲームはできるが、通常は3セット連続であり、その度にゲットしたポケモンをディスク化するにはやはり100円。つまり(100円+100円)×3=600円くらいすぐかかってしまうのだ。更にデータをセーブしたければ、1枚500円のガオーレパスが必要になるのだ。うちの子はそこまでしていないが、祖父母について来てもらった時はこのお金を出してもらっていたのだろう。申し訳ない。

 映画の話に戻る。確かにオリジナルの劇場版1作目も暗いトーンで、そこが異例の高評価だったらしいが、今作も子供向け映画としては暗い内容だ。長女などは怖がっていた。次男は意味が分かっているとは思えないが、私の膝の上で最後のほうまで飽きずに観ていた。帰ってきてから、次男はミュウツーを見るたびに「ギャクシュー」と言っている。それなりに楽しかったのだろう。

 この後、数週開けて、「リュウソウジャー+仮面ライダージオウ」の2本立て映画も子供たちを連れて観ることになった。特に「ジオウ」はテレビ版も最終回が近いのもあるし、平成仮面ライダーの総括としての意味を持たせたかったようで、さらに令和初の仮面ライダーの顔見世と、付いてくる大人もクスッと笑わせる仕掛けがいくつかあった。2本立てなので、それぞれは50分未満の映画だと思うが、飽き性の子供たちにはそれでも限界。それなりに楽しんだのだろう。

 夏休みは子供向けの映画が多く公開されるが、もうすぐ公開される「ライオン・キング」の宣伝に子供たちは興味津々。最近のディズニー映画らしく、大人も満足させるクオリティを持っているだろう。フルCGのようだが、CMで見ても「ミュウツーの逆襲」の比ではない質感だ。ルーカスフィルムや20世紀フォックスを傘下に収め、映画界で圧倒的なシェアを持つディズニー恐るべしである。

初めての車検を迎えるステップワゴン

 うちのステップワゴンが初めての車検を迎えた。ステップワゴンが納車されたのは、もうすぐ3歳になる次男が生まれた直前。その後、職場が変わって走行距離が伸びたので、ディーラーからステップワゴンのハイブリッドを勧められたりもした。しかし、走行距離が伸びたくらいで、買い換えたりしていてはきりがない。結構使い勝手が良く、気に入っているのだ。

 購入した当時は、ステップワゴンにハイブリッドは無かった。だから余計に気づかなかったのだが、私の乗っているステップワゴンには運転席と助手席の間にセンターコンソールは無い。これは何が便利かと言うと、7人乗り(2列目のシートが2席)なら、運転席から3列目までウォークスルーになっているので、子供を3列目に設置したチャイルドシートに乗せてから運転席まで行く時など、車の外に出ずに済むのだ。だから、とりあえず家族全員でスライドドアから乗り込み、ゆっくり着席していけば良い。雨の時など非常にありがたい。ハイブリッドモデルは低いながらセンターコンソールがあるので、運転席から室内を後ろに行こうと思えば、跨がないといけない。例えば、アルファードなどには立派なセンターコンソールがあり、それが運転席と後席の境界をはっきりさせ、社用車として使いやすい面もあるだろうが、同じミニバンでもコンセプトが違うのが分かる。現行のステップワゴンの売りの一つである「わくわくゲート」は、この車の販売不振の原因の一つと言われるが、荷室からの荷物の出し入れの際に便利で、リアガラスの分割線も慣れれば気にならない。私のような小さな子供が3人いるような家族にはステップワゴンのガソリンモデルは非常にありがたいが、現実には3列シートを全て使うような人は少ないのかも知れない。

 最近、私は実家で過ごしているが、2008年に購入したゴルフ・ヴァリアントがまだ現役である。私は子供と動いていることがほとんどなので、チャイルドシートを設置しないといけないゴルフを運転することはほとんど無いが、先日少しだけ運転した際は、やはり骨太な車を運転している安心感はまだまだ健在。今年11年目の車検を超え、父はそのまま乗り続けるそうだが、年齢が年齢だけに、最後の車になるかも知れない。

4年ぶりに手足口病に・・・

 ウェブリブログのリニューアル後、初の投稿だ。慣れないので、何となく使いづらい。

 現在、私は平日は実家で長女・次男と過ごしており、この2人を職場の保育所に預けているという話をしたが、その次男が数日前に保育所で発熱した。慌てて保育所に迎えに行き、そのまま近所の小児科クリニックに向かった。今年は大流行の手足口病だった。おそらく保育所でもらってきたもののようだが、仕方ない。初日は39度以上の発熱となり、その度に熱冷ましの座薬を使ったが、その日の深夜で発熱はおさまった。手や足にはうっすら赤い発疹が出はじめた。翌日は病児保育に預けることにし、熱は下がったものの、ぐったりして昼寝をしていることが多かったようだ。食事もうどんやゼリーなどしか食べず、量も少ない。発疹も赤い水疱状になって目立つようになった。医師からは、保育所でもらった感染症だろうから、発熱がおさまったら普通の保育に戻しても良いと言われたが、もう一日病児保育に預けることにした。次の日はかなり元気になり、食事も前日よりは食べるようになったとのこと。夜も食べやすそうな親子丼をあげると、かなり食べた。それで次の日には普通保育に戻した。水疱はかなりはっきりしている。あれだけ発熱していたのだから、すぐには体調は戻らないだろうし、口の中にも水泡ができるようだから、食事もすんなりと元のようには行かないだろう。数日ぶりの保育所では初日は機嫌が悪かったが、もう大丈夫だろう。それより心配なのは一緒にいる長女だ。まだビクビクである。

 実は、我が家では4年ほど前に長男が手足口病になったことがあり、長女も遅れて発病した。発熱も大変だが、その後に出来た水疱が痒かったらしく、眠れずにイライラしていて、かわいそうだった。おまけにその時は私も感染したのだ。手足口病は子供のものだと思っていたら大間違いで、私も発熱して手足に水疱ができて痒かった。手足口病にも色々とタイプがあるらしく、一回かかったからと言って、もうならないというわけでもない。だから私もまだ危ない。これ以上家族内の感染は広げたくないが、手洗い・マスクをしても子供間の感染を防ぐのは難しい。どうなることやら・・・。

Perfumeのベスト盤発売決定!

 Perfumeの徳間ジャパン時代も含めた初のベストアルバムが発売されることになった。例によって、限定盤から通常盤まで何種類も同時発売される。




Perfume The Best "P Cubed"(通常盤)
Universal Music =music=
2019-09-18
Perfume

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 Perfumeについて今更私が述べることなどないが、彼女たちはまだ30歳くらいだが、デビュー15年らしい。中田ヤスタカの一貫したプロデュースのもと、マンネリに陥らずに独自のポジションを維持していることが凄いと思う。

 同じ中田ヤスタカのプロデュースということでは、きゃりーぱみゅぱみゅの曲に、うちの子供たちが食いついたことがあって、一時期ヘビーローテーションで聴いていた。独特の世界観はこちらも一貫しており、そういう意味ではプロモーションビデオが一番魅力的だろう。数々の大企業とコラボして、ブームを起こした理由はよく分かる。

KPP MV01(DVD)通常盤
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 上の1枚にきゃりーぱみゅぱみゅの音楽活動の一番美味しいところが詰まっていると思う。

 Perfumeの話に戻るが、私は熱心なファンでもないし、たまにテレビで見かける程度だが、アイドルとしての姿勢がブレない。大人数グループのアイドルが今でもアイドル界の中心のようだが、時と場所で編成が変わることを繰り返しているので、ダンスが揃わないのは当然と言える。その点Perfumeは作りこみがしっかりしているので、ダンスも統一感がある。長年3人固定でやってきた成果である。

 これは大事なことだが、子供たちが一緒に聴いてくれないことには、私も聴けない。内容も確認せずにDVD付のバージョンを予約注文したが、映像付きなら子供たちが興味を持つかと思っている。

ハイティンクの引退

 指揮者のベルナルト・ハイティンクの引退が発表された。詳細はこちら。彼が90歳になっていたことに改めて驚きを感じている。
 ハイティンクは若くしてアムステルダム・コンセルトヘボウ管の首席指揮者となり、ロンドン・フィル、シュターツカペレ・ドレスデン、シカゴ響の首席指揮者も歴任し、ボストン響、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロンドン響、バイエルン放送響などとも緊密な関係を築いてきた。20年以上首席指揮者を務めたコンセルトヘボウ管などとは多くの交響曲全集を完成し、他にも録音は多い。しかし、その割に人気がある指揮者とは言えない。確かに彼の演奏は常識的な中庸なものが多く、その解釈に驚かされるというようなことはない。
 それでも私が彼の演奏が気になるのは、特に1970年代後半あたりから、彼が指揮するとオーケストラがその持ち味を十分に引き出され、魅力的に聞こえる時間に満たされるからである。数々の名門オーケストラから声がかかったのは、ちゃんと理由があるのだ。ただし、オーケストラが美しき響くほど、彼の解釈がありきたりであるように思われる危険性が生まれるのだ。

Bernard Haitink: The Symphony Edition
Decca
2014-03-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 例えば、上記のボックスはハイティンクとアムステルダム・コンセルトヘボウ管のコンビによるベートーヴェン・シューマン・ブラームス・ブルックナー・チャイコフスキー・マーラーの交響曲全集が納められているが、若い時期の録音であるブルックナー・マーラーの全集は、後の同コンビによる以下の録音より物足りない感じがする。

ブルックナー:交響曲第7番&第8番&第9番/他
インディペンデントレーベル
2012-11-23
ハイティンク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Mahler: Symphonies - Christmas Matinee
Imports
2016-07-15
Mahler

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 ハイティンクとコンセルトヘボウ管が一度関係を終える直前の1980年代は、録音の良さも相まって素晴らしい音響が聞こえる。コンセルトヘボウ管はこの後、シャイーを首席指揮者に迎えて機能的で現代的なオーケストラへと進化したが、立体感のある深い響きを失ったような気がする。

 上記以外で私が挙げるとすれば、やはり西側初のショスタコーヴィチの交響曲全集。

Symphonies
Decca
2006-05-16
London Philharmonic Orchestra

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 短い期間だが、代表曲の録音を残したシュターツカペレ・ドレスデンとのコンビ。

Bernard Haitink & Staatskapelle Dresden
Profil
2018-10-05
Bernard Haitink

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 私の中では、ハイティンクは長年関係の続いたコンセルトヘボウ管との演奏が一番気になるので、11枚組みの映像作品の1枚だが、下記のものを最後に挙げておく。

Mahler Symphonies 1-10 / Das Lied Von Der Erde [DVD] [Import]
Rcodvd
2012-12-03
Mahler

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 引退間近の録音も今後発表されるのではないか。

aikoの詩

 aikoがデビューから現在までのシングル・コレクションを発表した。今まで2枚のベスト盤を出しているが、今回はシングル発表曲全てを網羅している。

aikoの詩。(初回限定仕様盤 4CD+DVD)
ポニーキャニオン
2019-06-05
aiko

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



aikoの詩。(通常仕様盤 4CD)
ポニーキャニオン
2019-06-05
aiko

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 初回特典盤は、CDには収録されていない4曲のスタジオ・ライブのDVDが付属している。
 収録曲数の割には安価なことも話題になっているが、ダウンロードサービスやストリーミングサービスが普及していることを考えると、現在は確かにCDの価格設定は難しい面がある。シングル・コレクションやベスト盤は過去に発売されている曲ばかりなのだから、アーティストがストリーミングサービスに曲を公開していたら、ただのプレイリストと同じことになり、その存在意義を問われる。現在はストリーミングサービスに参加していないアーティストもいずれ参加する可能性が高い。そうするとCDなどはコンサート・グッズと同じような「形ある記念品」でしかない。

 脱線してしまったが、aikoは私と同世代で、デビュー当時からずっと気になるアーティストである。ものぐさな私はaikoのCDを買い揃えるわけでもないし、コンサートも行ったこともないが、その曲は常に非常に興味を引いた。J-POP特有の、このメロディがきたら次はこうなるだろうというお約束はことごとく外される。そしてメロディラインと有機的に結びついた歌詞。aikoの曲はよく聴き込まないと、カラオケで歌うことが困難であることは素人の私でも分かる。これこそ、作詞作曲歌唱を1人でこなすaikoだからこそのオリジナリティ。あのユーミンの夫である松任谷正隆が彼女の曲作りの方法に興味を持ったのは当然と思える。年齢を感じさせない気さくで可愛らしいキャラも、息の長いファンのつく魅力でもあるだろう。

 上記のシングル・コレクションはデビューから順番に曲が並んでいるわけではなく、aiko自身が曲順を考えたものらしい。本当はじっくり聴いていきたいのだが、家でも車でも音楽を聴けない状態が続いており、隙間を見つけて聴いていこうと思う。

元号が変わって

 またしばらく更新が途絶えていた。その間に、10日間という長いゴールデンウィークも過ぎ、元号も平成から令和へと変わった。時代が変わったというのに、私自身のプライヴェートは停滞気味。

 妻が3月末に高熱を出し、そのまま入院となった。結果的に4月下旬まで入院が続いたが、退院後も日常生活を送れる状態には程遠く、現在も実家にお世話になっている。うちには3人の小さな子どもがおり、長男と長女はそれぞれ4月に進級したため、家の中は大混乱。進級すると、時間割や持たせる物が変わり、その準備は大変なのだ。私も仕事を休んだり、遅刻早退を繰り返した。それでも、家族や近隣の方々には随分助けて頂いた。非常に感謝している。

 肝心な妻の容態にはあまり気を回してあげられなかった。いまだに身体は十分に動かないが、少しずつ良くはなってきているようだ。最初2日連続で40度近い発熱で始まり、最寄のクリニックにフラフラの状態で1人で行ってもらった。しかし、そのクリニックで検査等ができず診断がつかないので、近くの中規模の病院に直行することになり、そのまま入院。色々検査をしてもらい、入院直後は血液検査結果を中心に異常値が出ていたが、退院前には貧血程度しか異常は見つからなかった。原因はウイルス感染症だったらしく、これまでの疲労・睡眠不足なども相まって、ダメージがあったらしい。しかし、退院直後もそれほど体力は回復せず、少し動くと疲労のため身体が動かなくなることが続いた。病名としては、「慢性疲労症候群」「ウイルス感染後疲労症候群」「副腎不全」あたりなのか確定していない。もう少し大きな病院に紹介してもらうことも考えている。

 現在、妻と長男は妻の実家におり、長男はその近くの小学校に一時転校している。私と長女と次男は私の実家におり、長女は幼稚園を休ませ、長女・次男は私の職場の保育所に連れて行っている。週末は家族全員で自宅に帰ることになっている。できれば夏休み終わりくらいまでにこの生活を終えたいと思うが、こればかりは妻の体調次第。私も車通勤の間が唯一クラシック音楽を聴ける時間だったが、子供とともに通勤することになったので、当面それも出来なくなる。

クルレンツィスを聴いてきたぞ

 以前の記事に書いたが、平成31年2月14日(木)クルレンツィスとムジカ・エテルナの大阪公演を聴いてきた。

 この日は仕事を午後半休にして、職場から車で実家に寄り、父を拾って梅田で別件を済ませてフェスティバルホールに向かった。

 本来なら別件を早めに済ませて、どこかでゆっくり夕食を食べて6時半ごろに会場に入ろうと思っていたが、思いの他その別件に時間がかかり、結局ホールに早めに行き、同じビルの地下街で軽く食事をとった。例によってakippaで駐車場の予約を取っておいた。大阪市内に車で行くときは、最大料金ありの駐車場でないと駐車場代が馬鹿にならない。おまけにステップワゴンのような車高の高い車は都会の立体駐車場に入れないことがある。

 父は何度か来たことがあったようだが、私はフェスティバルホールが建て替えられてから入るのは初めて。新しいホールという感じがする。私の席は2階席だったので舞台から遠く、音がバランス良く届くか不安だった。また演奏者の顔も見えづらい。

 それほど大きくない編成のオケメンバーが着席した後、細身の指揮者が現れた。それからしばらくして、ヴァイオリニストのコパチンスカヤがスリッパのようなものを履いて現れた。思っていたより小柄だ。噂通り裸足で演奏を始めた。指揮者とソロヴァイオリニストがコンタクトを取りやすいような位置関係である。曲目はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。彼女の音色は決して美音や太い色ではなかったが、終始動物的な動きで演奏を続けた。楽譜通りとはとても思えないが、指揮者やオケは彼女の動きにぴったり付いていき、演奏者たちの信頼関係を見た。
 彼女のアンコール曲は「藤倉大」という日本人作曲家の「Kusmetche」という小曲。彼女のこの曲への説明はあまり聞き取れなかったが、最初に「コンテンポラリー音楽は好きですか?ロンドンで~」と聴衆に語りかけていた。作曲者自身のtwitterによると日本初演らしい。
画像

 父が生で聴いたこの協奏曲のコーガン・オイストラフ・クレーメルなど錚々たる面々(!)の演奏とは全く違うらしい。私は彼女の自由すぎる演奏にただただ驚いたとしか言えない。

 コパチンスカヤが去り、20分休憩。演奏者がいなくなると、イスがほとんど撤去された。後半のプログラムは「悲愴」。協奏曲の時より増えたオケのメンバーはチェロ以外はほとんどみんな立って演奏となった。CDで聴いた演奏ほど鋭くはなかったが、もっとこなれた感じがした。弱音に緊張感があり、コントラストの強い一体感のある演奏なのは間違いない。
 私はあまりコンサートに行っている方ではないが、晩年のベルティーニと都響のコンビと同じく、指揮通りの音が聞こえてくる感覚を味わったのは久しぶり。やはりクルレンツィスと手兵ムジカエテルナのコンビなればこそであろう。
 第4楽章を終えるとかなりの時間が経ってから指揮棒が下がり、そこから盛大な拍手が沸き起こった。演奏後にこれだけの静寂を味わったのは初めて。アンコールはなし。

 父曰く、「ティンパニ」が抜群に上手かったらしい。

 7時開演だが、終わると9時過ぎ。アンコールをやって欲しかったが、結構長かった。
画像

 ホールを出ると、自分が疲れているのに気づいた。帰りに駐車場で自分の車が立体駐車場から出てくる順番を待っていると、同じ演奏会に行ったらしい客の姿ばかりだったが、車のナンバーが名古屋・岡山・滋賀と遠くから来ているようだった。

またまたワンワンに会ってきた

 以前の記事通り、ワンワンのコンサートに行ってきた。2月9日(土)・10日(日)の2日間で朝・昼・夕方の1日3回。公演時間は1時間くらいだが、子どもの集中力が続くのはそれくらい。毎度、このハードスケジュールをこなす出演者には頭が下がる。

 会場は初めて行く「丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)」。小さな子ども連れなので車で行きたいところだが、イベント時は近隣の駐車場に空きが無いとのネットの書き込みが多く、しかも私たちは昼公演を選んだので、朝・夕方公演の来場者と出入りが重なる可能性がある。駐車場を予約しようと、最近よく使うakippaで探したが、会場付近は予約が出来なかった。仕方なく、最寄り駅の朝潮橋から数駅くらい離れた駅前駐車場を探すことにした。朝潮橋駅は大阪メトロ中央線だが、西側にあるコスモスクエア駅方面はこの3連休にオートメッセがあり、駐車場に空きがあるように思えないので、東側の弁天町駅近くを探すと押さえることができた。

 心配していた子どもたちの体調は、3連休の冷え込みで多少風邪気味だが大丈夫そう。例によって、当日朝にワンワンのコンサートに行くことを伝えた。いつもグズグズしているお出かけ準備も早々に済ませ、予定通りに車で出発。少し弁天町駅から離れた駐車場に車を停め、テンション高めの子どもたちと地下鉄(ちなみに大阪メトロ弁天町駅は地下鉄の駅としては、地表面からの高さでは日本一)に乗りこんだが、子ども連れのお客でいっぱい。ほとんどが同じコンサートに行くのだろう。朝潮橋駅から会場までは大きな公園の横を抜けて行くので、余裕があれば子どもたちを遊ばせてやりたいところだが、グッとこらえて会場へ。入口手前にはかなりの子どもたちがいて、お昼前後なのでおにぎりなどを食べている。うちもそれに倣い、少し飲食させて会場の中へ。ちなみにベビーカーは預けるのに時間がかかるため、今回は車に置いてきた。中に入ると、大阪城ホールで開かれる「おかあさんといっしょ」のコンサートとほぼ同じような作りで、中央に大きなモニターがあり、CMなどが流れている。座席は張り込んでS席を取ったが、アリーナではなくスタンド席。しかし、スタンドでは一番前列だった。

 開演直前には会場の席もほとんど埋まり、ワンワンの第一声でスタート。子どもたちに馴染みのキャラクターがどんどん現れ、かなり興奮気味。個人的には、初の生「オフロスキー」と久しぶりに「かぞえてんぐ」を見られたことがツボ。「キッチン戦隊クックルン」は私はあまり馴染みがないが、メンバーが小さい子どもたちで、調べると一番小さな子はうちの長男と同級生ではないか。長時間の出演ではなかったが、3連休に6公演は大変だと思う。ワンワンやオフロスキーの安定感は相変わらず抜群で、いつもながら感心する。で順調に進むと思いきや、会場の暖かさのせいだろうか、後半戦でうちの子たちが全員眠がりだしたのだ。近くの他の子たちも眠そうでグズりだした。確かに昼の公演はお昼過ぎで小さな子は眠いだろう。ついに最後は一番下の子は寝てしまった。親の方が躍起になって起こそうとするが、仕方ない。いつもチケットを取る時に迷うのだが、朝の公演は準備が慌しくなるし、夕方の公演は子どもたちが寝ている可能性すらある。次回のタイミングがあれば、やはり朝の公演を取ろうかな。みんな同じ考えらしく、チケットも朝公演から売れていくので、良い席を取りたくて、ついつい昼公演を選んでしまうのだ。脱線してしまったが、最後の方では、かぞえてんぐが非常に近くで見られた。MVPは桃太郎を演じた「おとうさんといっしょ」のゆめおねいさんかな。お話のパートが多いと眠る子が続出するそうなので、歌の割合は少なくなかったが、それでもうちの子は睡魔に勝てなかったようだ。

 帰りは子どもたち全員を会場から隣駅の駐車場まで連れて行くのは諦め、私のみが眠った次男を抱っこ紐に入れて車を取りに行った。会場近くのコンビニで休憩していた妻と子どもたち2人を拾って帰路に着いた。いくつか反省点はあったが、子どもたちは楽しめただろうか?眠そうにしていても意外と覚えていて、後日関係するビデオを自宅で観ると喜んだりする。親たちはいつも通りクタクタになったが・・・。

アダム・フィッシャーのモーツァルト交響曲全集

 アダム・フィッシャーはハンガリー出身の指揮者だが、弟のイヴァン・フィッシャーも同業でこちらの方がブダペスト祝祭管との組み合わせで日本では有名かも知れない。しかし、アダムの方が欧州での活躍は目立って来ているような気がする。最近の彼の活動は、日本のファンサイト(クラシックおっかけ日記)に詳しい。

 アダム・フィッシャーが一気に知られるようになったのは、英ニンバスレーベルに録音し廉価レーベルBrilliant Classicsから発売されたハイドン交響曲全集によるものと思われる。アダム自ら創立したオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団にはウィーンとブダペストの演奏家が集まっており、ピリオド演奏ではないが、中欧のハイドン演奏の伝統が取り入れられている。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 ある程度質が良い30枚を越えるCDのセットが1万円を切る価格で提供されたことの意味は大きい。

 そして今度はモーツァルトの交響曲全集である。

【送料無料】 Mozart モーツァルト / 交響曲全集 アダム・フィッシャー&デンマーク国立室内管弦楽団(12CD) 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットCDレーベルDacapo *classics*発売日2013年


楽天市場


 デンマーク国立室内管は小編成のオケなので、その分フィッシャーの意図を機敏に演奏に反映させている。ハイドン全集の時よりも短期間で録音されたので、演奏の傾向もまとまっている。音質・演奏の自発性などは他のモーツァルト全集にも劣らないと思う。

アンチェルの伝記

 最近、指揮者カレル・アンチェルの伝記が発売された。

カレル・アンチェル 悲運に生きたマエストロ
アルファベータブックス
2018-12-28
高橋 綾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 カレル・アンチェルのホームページを運営されているピアニストがまとめられたものだ。このホームページは長らく更新されていなかったので、改めて書籍を発売されたことに驚いた。日本語で読めるアンチェルに関する書籍はほとんど見つからないので貴重である。内容はそれほど重量級ではないが、彼の全体像が大まかに分かるようになっている。彼が当時の現代音楽の指揮者として頭角を現したこと、ユダヤ人として辛酸を嘗めたこと、チェコ・フィルとの関係、チェコ事件による亡命・・・。確かに20世紀半ばの中欧の状況を凝縮したような人生である。

 彼はチェコSupraphonレーベルにチェコ・フィルと共にかなりの録音を残しており、10年以上前に「アンチェル・ゴールド・エディション」という形でシリーズ発売されていて、私が彼の魅力に気づいたのもその時である。また解散した仏Tahraレーベル(アンチェルの恩師シェルヘンの家族が設立者)も彼のライヴ音源を中心に発売していた。これらはほとんど廃盤になっているが、そのライセンス盤を日本のコロンビアやタワーレコード、Altusなどが散発的に発売している。上記の本のかなりの部分が、こういったディスコグラフィーに割かれており、良い資料となっている。現代音楽を得意としており、ロマン派の曲を採り上げる割合が少ないことから、本国では不人気だったこともあるらしいが、最近になってその先進性を評価されているのかも知れない。

 1960年代のチェコ・フィルの音色、アンチェルの端正ながら個性的な解釈、唯一無二である。現在入手可能なものは有名曲が多いが、どれも外れはない。

ウィーン・フィルのシューベルト・未完成

 2018年後半に立て続けにウィーン・フィルによるシューベルトの未完成交響曲のライヴ録音が発売された。







Schubert シューベルト / 交響曲第8番『未完成』、第5番 クラウディオ・アバド&ウィーン・フィル(1971年ライヴ) 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットCDレーベルDg発売日2018年11月16日商品番号48356


楽天市場


 奇しくもベルリン・フィルの芸術監督と1960年代前後のウィーン・フィルによる黄金の組み合わせの演奏ばかりである。ちなみに、アバドのシューベルト5番は名演だと思う。

 ウィーン・フィルはオーストリア生粋の作曲家であるシューベルトの未完成交響曲を実演で取り上げることが多い。色々な指揮者がウィーン・フィルを振った録音が記憶に残っているが、すぐには思い出せいないので、「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団完全ディスコグラフィ」のこちらのページを参考にさせてもらうことに。日本語で読めるウィーン・フィルの公開資料としては、これ以上のものは無いだろう。未完成交響曲で発売暦があるものは、ここにほぼ全て網羅されていると思うが、その中でも音質もある程度良く、私が気になる録音は全て1960年代のもの。




ベートーヴェン: 交響曲第4番、序曲「コリオラン」、シューベルト:交響曲第8番「未完成」
ユニバーサル ミュージック クラシック
2006-02-15
クレンペラー(オットー)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



シューベルト:交響曲第8番・第9番
ユニバーサル ミュージック クラシック
2002-03-27
クリップス(ヨゼフ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 録音年代的にも近く、同じオケなので、指揮者の個性が余計に際立つ。一つとは選べないが、ピリオド演奏を除けば、未完成の名演はやはりウィーン・フィルが素晴らしいと思う。

2018年の1枚(?)を選ぶとすれば

 あけましておめでとうございます。

 2018年もクラシックのCDを色々入手したが、旧譜も多く、ネット通販で発注済ながら未発送状態のものもあるので、今年の1枚というのが選びづらい。

 チェリビダッケとミュンヘン・フィルの非常に個性的なラヴェル。

Ravel: Daphnis Et Chloe (Suites) / La Valse / Le Tombeau De Couperin
Ada/Mphil
2018-09-14
Sergiu Celibidache

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 リヒテルのパリ・デヴュー盤。私にリヒテルの魅力を見直させてくれた一枚。




 クーベリックとパリ音楽院管のライヴ盤。しかもステレオ!



 録音年代なりの乾いた音質だが、クーベリックの熱さ、ハスキルのピアノ、当時のパリ音楽院管の音が魅力的。

 ハーディングとスウェーデン放送響のマーラー。全集に発展するか?

【送料無料】 Mahler マーラー / 交響曲第9番 ダニエル・ハーディング&スウェーデン放送交響楽団 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットCDレーベルHarmonia Mundi発売日2018年02月


楽天市場



 バーンスタインの「トリスタンとイゾルデ」の映像。音源だけは昔から発売されていたものだが、映像付きだとこの遅さが全く気にならない。



ロンドン・バロックのトリオ・ソナタ集。



 トリオ・ソナタは17世紀末~18世紀初めに流行ったが、このボックスはロンドン・バロックがBISレーベルに録音したものの集成で、イギリス・ドイツ・フランス・イタリアの作品が収められている。個人的にはフランスのものが面白かった。お国柄を聴き比べるのが楽しい。

 チッコリーニの既発売の音源を集めたもの。

【送料無料】 アルド・チッコリーニの芸術(8CD) 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットCDレーベルCascavelle発売日2018年11月17日商


楽天市場


 スイスCASCAVELEレーベルのCD6枚分の音源に、ルーマニアELECTRECORD音源2枚弱とフリッチャイとスイス・ロマンド管とのリストのピアノ協奏曲2番を収録。特に前者は録音も新しく、普段私はあまり聴かないショパンの夜想曲やグリーグの抒情小曲集へのアプローチは融通無碍で、彼の晩年の境地を十分に味わえる。ファツィオリという新しいメーカーのピアノを弾いており、その澄んだ音色が特徴的である。廃盤にしておくのは惜しいので、再発売は納得。

 セーゲルスタムとトゥルク・フィルのシベリウス劇付随音楽集。

【送料無料】 Sibelius シベリウス / 劇付随音楽集 レイフ・セーゲルスタム&トゥルク・フィル(6CD) 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットCDレーベルNaxos *classic*発売日2018年09


楽天市場


 マイナーな曲もあるが、アリアCD店主による分かりやすい解説がある。劇音楽なので、決して晦渋ではなく聴きやすい。

 私はシリーズ録音に関しては、出揃ってボックス物になってから入手することが多いので、新譜と言っても少し古い録音になる。

 1枚と言いながら、また適当に挙げてしまった。

リヒテルのパリ・デビュー

 スヴャトスラフ・リヒテルのパリ・デビュー音源が発売された。先にLPは発売されていたようだが、ようやくCDでの発売となった。



 私にとってリヒテルはあまり近しい存在ではなかった。ライヴ録音は様々なレーベルから大量に出ているが、マイナーレーベルが多く、すぐ入手困難になることも多い。気になる演奏が発売されれば、たまに入手することはあるが、なぜかこれは良いと思うことが少なかった。すごいピアニストであることは分かったが、ピアノの音(音色ではなく、音の粒立ち?)がどうしても合わないと思うことが多かった。普段そういう演奏家の場合は私は新譜が発売されても追わなくなるのだが、なぜかリヒテルのライヴ盤は増えていった。私の父はリヒテルを生で聴いたことがあるらしく、その時のコンディションが悪かったのか、父も彼に良い印象を持っておらず、「うちにはなぜリヒテルの録音がこんなにあるのか?」と不思議がっていた。

 熱狂的な拍手の音も収録されているので、1961年という、まだ西側世界では噂のみが先行していたリヒテルの生演奏を聴きたがっていた人たちもきっと大満足だったのだろう。実際にリヒテルは多少のミスタッチがあるとは言え、好演をしていると思うし、聴衆が熱狂するのが分かる演奏だ。

 これを受けて以下の録音も生まれたのだろう。

Brahms ブラームス / Piano Concerto, 2, : Sviatoslav Richter(P)maazel / Paris.o +schumann: Papillon 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットCDレーベルワーナーミュージックジャパン発売日2006年01月


楽天市場



 この盤には同日のブラームス交響曲4番も収録されている。
ロヴィツキは手兵ワルシャワ・フィルとの個性的なブラームス交響曲全集があった。

Brahms: Symphonies 1 & 3
Altara
2006-04-10
Warsaw Po

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Brahms: Symphonies 2 & 4
Altara
2006-04-10
Warsaw Po

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 またイギリス演奏旅行でもブラームスの4番を演奏しているので、得意曲だったのかも知れない。

Prokovief/Szymanowski/Brahms
Orchestral Concert
2016-02-12
Ekier

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 ロヴィツキ指揮の演奏は独特の魅力があり、リヒテルの伴奏としても十分なサポートを行っている。

 以上はモノラルだが、ボーナスとして1980年のパリでのショパンの「雨だれ」「革命」も収録されている。こちらはステレオで音質も良い。

またまたワンワンに会いに

 9月にワンワンのコンサートに行った記事を書いた。その後もNHKからメールでコンサート情報が流れてくるが、ワンワン関連のものは人気なので、ダメモトで「ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合」も申し込んでいた。すると、今回も当たっていた。
画像

 前回の「ワンワンまつり パーティ編」に引き続き、ワンワンとジャンジャン・ジャンコが来るが、それ以外に、かぞえてんぐ(だいすけお兄さん)、「みいつけた!」からオフロスキー、「おとうさんといっしょ」「キッチン戦隊クックルン」の面々と、うちの子供たちが慣れ親しんでいるキャラがいっぱい現れる。かぞえてんぐと共演していたミーニャ
がスペシャルゲスト。ミーニャを見るのは約3年ぶりか。

 まだまだ先の話で、いつものように子どもたちの体調管理が一番大事。前回の経験から喜ぶのは間違いないので、興奮しすぎないようにギリギリまで隠しておこう。

最近のENEOS事情

 車を運転する人は必ず関係してくるガソリンスタンド事情。2011年の消防法改正と燃費の良い車の普及で、ガソリンスタンドは一気に減り、石油元売大手も合併してブランドも少なくなりました。

 私は給油の際、手持ちの現金が頻繁に無くなるのが困るので、石油元売が発行するクレジットカードを使っています。私が持っているカードは年会費が実質無料の「ENEOSカードS」です。ENEOSが日本で一番系列店が多く、決済時に2円/ℓ引きになるので、このカードを選びました。これは使い出してから分かったことですが、チャージが不要な電子マネーQUICPay機能や無料のロードサービスが標準で付いています。固定で行くガソリンスタンドが無い場合は、非常に便利なクレジットカードだと思います。

 昨年、ENEOSブランドを持つJXエネルギーが、エッソ・モービル・ゼネラルブランドを持つ東燃ゼネラル石油と合併したことに伴い、2019年度中に東燃側のブランドは廃止して全てENEOSブランドに転換することになりました。これで日本の半分のガソリンスタンドはENEOSになります。世界の石油メジャー由来で、日本でも馴染みのあるブランドが無くなることになりますが、世界的にメジャーも小売からは撤退していっているようです。エッソ・モービル・ゼネラルがセルフスタンドを「Express」というブランドで普及させてきましたが、ENEOSになっても「EneJet」というブランドで引き継がれます。ここ最近、ENEOSブランドに転換を済ませた旧東燃ブランドのガソリンスタンドが増えてきました。ENEOSは一気に系列のガソリンスタンドが増えて、ますます競争が激化しそうですが、これ以上ガソリンスタンド自体が減ることもあるかも知れません。

 実は今年の10月からENEOSとエッソ・モービル・ゼネラルがクレジットカードを相互に乗り入れました。今まで私は、通勤途中などでエッソの方が安いなと思っても素通りしていたのですが、自分がよく通る道の最安値のガソリンスタンドを使えるようになりました。これはまだ個人カードのみで、法人カードは来年まで待たないといけないようです。

 ちなみに、私はガソリンの価格比較はgogo.gsを参考にしています。

<追記>
 旧エッソ・ブランドのガソリンスタンドの給油中にスピードパスを勧められた。スピードパスは旧東燃ゼネラル系のセルフスタンド(旧Express=EneJet)での簡単決済ツール。エネオスカードによる決済より更に値引きがあるし、入会費無料なので、入会してみることにした。スマホと運転免許証があれば数分の手続きで完了。小さなキーホルダー型で車のキーに付ければ良いかな。

<さらに追記>
 エッソ・モービル・ゼネラルのENEOSへの転換がもうすぐ完了しますが、スピードパスも2019年7月以降EneKeyへと移行していくようです。スピードパスは当面使えなくなることはないようですが、おそらく旧東燃ゼネラル系以外のENEOSセルフスタンドでも導入されるのではないかと考え、私も早速EneKeyに切り替えを申し込みました。基本使い勝手は変わらないようです。

能勢の丁稚羊羹

 先日、通りかかったコンビニで「丁稚羊羹」を売っていた。そのコンビニチェーンでどこでも売っているという訳ではなく、その店独自の委託販売のようなものであると思う。

ミニストップ 川西西多田店

 私がこのコンビニに寄った時に、たまたま和菓子店の従業員らしき人がかなりの量の丁稚羊羹を補充に来ていたのだ。どれくらいの頻度で補充に来るのか分からないが、冷蔵の商品棚は空になっていたので、かなり人気商品なのではないか。駐車場にのぼりが立っていた。

 この丁稚羊羹は能勢の「暮部菓子店」製のもので、この辺りでは有名らしく、私も店の名前だけは知っていた。

 本店は能勢街道から少しそれたところで、池田市からかなり北上する。この「くれべのでっちようかん」は他にもいくつかの店で委託販売されており、阪急池田駅の「とよのピア」・道の駅「能勢(くりの郷)」・「かめたに」などでも見かけるらしい。タイミングによっては売り切れていそうだが。

 さて、この「丁稚羊羹」だが、冬の間だけ北摂地域や福井県の一部で作られる水羊羹で、同じ「丁稚羊羹」の名前でも、京都や滋賀を中心に作られる竹の皮で包んだ蒸し羊羹とは全く異なるものだ。原材料は砂糖・小豆・寒天のみで、それだけに材料・水の良し悪しが大きく影響するだろうし、手間もかかるだろう。同タイプの丁稚羊羹はこの辺りでは、私が確認した限り、亀岡市「斉政丹波堂」、吉川「池田製菓所」、神戸市北区「満月堂」、猪名川町「うませ」、川西市「上政」、宝塚市「一休」「日乃出庵」などで作られている。だいたい11月~3月の期間限定。

 「くれべのでっちようかん」はほど良い甘さで、一本は1人で食べるには結構長いのだが、するっと口の中に入る。水分が多いので、要冷蔵で日持ちもしないが、ぜひ北阪神を通りかかったら食べてみて欲しい。

<追記>
 暮部菓子店は平成31年3月末で廃業されるそうで、「くれべのでっちようかん」は食べられなくなる。非常に残念である。

ヘルビッヒのマーラー9番

 ギュンター・ヘルビッヒ指揮ザールブリュッケン放送響のマーラー9番をなぜか最近入手した。

Symphony 9
Berlin Classics
2006-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 チェコ出身で東ドイツを中心に活躍してきた指揮者がドイツの中堅放送局オケを振ったライヴ。マーラーの9番はそれなりに選ばれた演奏しか録音されていない気がするが、入手前の印象としてはこの組み合わせは渋すぎる・・・。ザールブリュッケン放送響はスクロヴァチェフスキとかなりの録音があったが、カイザースラウテルンSWR放送管と合併して、現在はザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管という長い名前になっている。私もスクロヴァチェフスキがこのオケと来日した際、ブルックナーの4番を聴きに行った。非常に若々しい演奏だった。このオケは非常に柔軟に指揮者の要求に応えている。




 ヘルビッヒはハイドンやショスタコーヴィチなどの録音を偶に見かけるが、近年聴いたことがあるのはこちら。

Brahms: Complete Symphonies
Berlin Classics
2017-03-24
Brahms

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 正統派でかつ渋い良い演奏だが、同じオケによるザンデルリンクの録音と聴き比べてしまう。

4 Symphonies
Profil - G Haenssler
2011-05-31
J. Brahms

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 ザンデルリンクの演奏は正統派に見えて、結構個性的なのだ。

 などと、色々思いながらマーラーの9番を聴き始めたのだが、噂通り素晴らしい演奏なのではないか。指揮者は曲の隅々まで目を配り、演奏は熱を帯びていながら、端正に進んでいく。有名な演奏家の録音だけを追っていては、決して出会えない名盤。こういうのがあるのからクラシックは面白い(し、恐ろしい)。

チェリビダッケとミュンヘン・フィルのラヴェル

 チェリビダッケとミュンヘン・フィルのラヴェル録音集がミュンヘン・フィル自主制作レーベルより発売された。



 おそらく海賊盤では既出の音源ばかりのはず。しかし、チェリビダッケとミュンヘン・フィルとの録音はかなりワーナー(旧EMIクラシックス)から発売されていたはずと思ってダブりを確認したが、もともとラヴェルの録音はほとんど無い。

【送料無料】 セルジウ・チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD) 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットCDレーベルWarner Classics発売日2018年11


楽天市場


 映像付きのものはあったが、今回のレパートリーとは見事にかぶっていない。

Debussy/Ravel / ラヴェル&ドビュッシー管弦楽作品集 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル 【DVD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルクラシックフォーマットDVDレーベルEuroarts発売日2008年03月18日商品


楽天市場


 チェリビダッケ壮年期のスウェーデン放送響(廃盤)やフランス国立放送管との録音はあるのだが。



 彼の演奏は時代ごとに変遷しているが、いつでも独特のオーラを持っている。とは言え、やはりミュンヘン時代が一番濃厚な演奏をしているように思う。そして、ラヴェルは彼の得意レパートリー。今まで正規発売が無かったのが不思議なくらい。透明でありながらやや温かい響きが空間を満たしていく様子が録音からでも分かる。ミュンヘン・フィルは彼について行くのは大変だったろうなぁ。非フランス系演奏家のラヴェルとしては、その立体感を感じさせる個性は唯一無二であると思う。

今年のかぶら寿司は

 以前に「かぶら寿司」の記事を書いた後、毎年のように四十萬谷本舗でかぶら寿司を頼んでいた。贅沢な食べ物ではあるが、1年に1回のことなので、ついつい頼んでしまった。金沢出身の妻の家族も楽しみにしていた。

ご自宅用かぶら寿し(3~4枚)
金沢の漬物専門店 四十萬谷本舗
商品詳細  商品名  ご自宅用かぶら寿し  内容量  計440g(約3?4枚)  賞味期限  10日


楽天市場



 今年は少し違う「かぶら寿司」を食べてみたくなり、浮気をしてみた。金沢の隣の富山の「よね田」という店が評判が良さそうなので、そこからお取り寄せ。この店は色々な「かぶら寿司」を作っているようだが、初めてなので、一番オーソドックスな「福丸」というのを頼んでみた。美味しいのは間違いないので、去年より量も多い。高価だが、グラム単位で考えると、「四十萬谷本舗」のものとあまり変わらない。
かぶら寿し「福丸」 [0.75kg入]
画像


 食べた感想としては、去年まで頼んでいたものと少し違い、漬け物寄りの素朴な味わいで、これはこれで美味しい。個人的には、こちらの方が僅差ではあるが好みかも。非常にご飯が進むし、これ以外おかずは要らない。私はお酒が全く飲めないので、肴としてどうなのかはよく分からない。関西出身の私が「かぶら寿司」にこんなにハマるのは不思議だ。ただし、あくまで「なれずし」の一種なので、個人の嗜好に合うかは分からない。