スマスイと王子動物園

 週末に子供たちを連れて、神戸市立の須磨海浜水族園王子動物園に立て続けに行った。

 まずは土曜日、末っ子だけ自宅にいたのでスマスイに行くことにした。1年ぶりの訪問である。
 再オープンに向けて工事中のため、現在は本館のみの営業。入場料も下がっているが、かなりの縮小であることは間違いない。
DSC_2296.JPG
 広い敷地は覆われて、工事の車が出入りしていた。少し中が見えたが、建物は無くなっていた。寂しい限りである。

 本館は以前と変わらない感じ。入った途端に大きな水槽がある。
DSC_2307.JPG
 順に見て回ったが、前の規模を知っている身としては物足りない。しかし、バテるのが早い末っ子1人ならゆっくり見て回れる感じではある。
DSC_2361.JPG
 来年には本館も閉館となり、10か月ほど完全に休止するらしい。新料金表も発表され、かなり価格は上がるが、子供たちが大きくなる前に早く再オープンしないかなあ。

 のんびり過ごして、帰りにJRの駅に向かおうとすると、懐かしい看板が目に入った。
DSC_2382.JPG
 最近、近畿圏でも店舗を増やしている沖縄のブルーシールである。昔沖縄に遊びに行った時に食べた記憶がある。持ち帰り用のカップアイスを買って帰った。購入したのは「マンゴー」「シークァーサー」「パイン」「ストロベリー」「バニラ&クッキー」である。子供たちにも大人気だった。暑い時期に店先で食べたい。

 翌日の日曜日、子供たち全員の希望を聞いた結果、王子動物園に行くことにした。
 こちらは前回行ってから3ヶ月と経っていないが、ここも再整備に入る前に何度も行っておきたい。
DSC_2389.JPG
 子供たちは慣れたものでどこに何があるかよく分かっているが、何度来ても飽きる様子はなく、パンダは健康管理のため公開されていないが、気にならないようだ。前回1月末頃に行った時より混んでいる。新型コロナの規制が緩んできているからだろう。
 当日は風は強くて日差しが暑く、レジャーシートは持参していたが、外でお弁当などを食べるのは少し辛かった。こういう時はペンギンのいる水槽に隣接している動物科学資料館が冷暖房完備で良いが、混んでいることも多い。今回は類人猿がいる建物の2階で休憩や食事をすることにした。ここから見下ろせるゴリラの飼育エリアにゴリラがいなくなって、そこに人間が入って行けるようになっている。希少動物保護などの観点から、以前より海外から動物を輸入することが難しくなっているようで、昔はラッコなども見られる動物園・水族館はそこそこあったが、今はほとんど見られないというようなことが多くなってきている。見られるうちに色々見ておいた方が良いと思うようになった。

 重要文化財の旧ハンター住宅も公開されており、今まで私も一度も入ったことが無かったので、子供たちと一緒に入ってみることにした。入館時に壁面を一切触らないように厳しく注意され、更にコロナ対策か入場人数制限もかかっているが、古い建物も貴重なので良い経験であった。
DSC_2512.JPG

 子供たちは動物を見るのも好きだが、最後に遊園地に行くのも楽しみにしている。王子動物園の再整備計画の中で遊園地が廃止されるという案が出ているようだが、確かに遊園地の遊具も老朽化してきているので、更新費用との兼ね合いもあるのだろう。小さな子供を持つ身としては、スマスイにも無くなったし、ゆるい感じの遊園地は存続して欲しいという気持ちがある。
DSC_2585.JPG
 子供は観覧車なども異常に喜ぶのだ。神戸市の都心部が見渡せる。

 いずれにしても子供はあっという間に大きくなるので、できれば小さいうちにしか楽しめないことはいろいろ経験させてやりたい。体力的には厳しいが(笑)、コロナ禍を潜り抜けて、色々行ってみようと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント