新型コロナウイルスに感染してしまった

 あっと言う間に年度末になった。誰もが忙しい年度末に、私は新型コロナウイルスに感染してしまった。その経緯を少し…。

 土曜日に職場で仕事をしていると、妻から慌てた様子で長女の様子がおかしいと電話があった。高熱で白目を剥いて嘔吐していると聞くと、これは何度か経験している「熱性けいれん」だろう。電話で話している最中に落ち着いてきたとのことで、救急車を呼ぶほどではないかと思ったが、いずれにしても他に小さな子供が他に二人いる状態では、妻も身動きが取りづらい。その週の水曜日の時点で、長男・長女の小学校のクラスで複数の新型コロナ感染患者が出ていることは聞いており、木曜日から一斉に学級閉鎖になっていたし、その後も同じクラスの子が次々と陽性と連絡が来ていたので、警戒していた矢先である。今の時点で熱性けいれんと言うことは、ほぼほぼ長女もコロナだろうと腹を括って、私も急いで帰宅した。帰宅すると40度近い発熱はあるが、それ以外は大きな症状は無さそうだと言っても、既に土曜日の午後なので連れて行ける病院は限られている。結局「熱性けいれん」で何度もお世話になっているこども病院に電話をして、受診をすることにした。
 長女も小学校1年生なので「熱性けいれん」になりやすい年齢を超えていることが気になるということで後日再診となったが、それ以外は典型的な「熱性けいれん」のようで、解熱薬などが出て終了。しかし困ったのはコロナの検査をしてくれなかったのだ。病院から帰る頃にはかなり落ち着いてきていたので、症状だけで言うと、もう一度病院に連れて行ってコロナを確認する検査だけするというのはかわいそうだ。自宅で静かに養生させるしかなかった。布団の上で嘔吐などをしているので、洗濯やら何やらも大量にあるし、とても他の子と隔離などできそうにない。
 案の定、翌日長男がやはり40度近い高熱を出し(何日も前に感染済みということだ)、日曜だったが診察してくれるクリニックを見つけたので、連れて行くことにした。休日はPCR検査が出来ないということであったが、すぐ結果が出る抗原検査(症状が出てしばらく時間を置かないと陽性にならないので、PCR検査より陰性になる確率が高い)ならできるということで、してもらうと予想通り陽性。ここに至って、家族は全て濃厚接触者であることが確定し、あとはどれだけ他の者が症状を出さないかだ。因みに私はほぼ1ヶ月前にコロナワクチンの3回目接種を終えたので、結構免疫があるはずということで、子供の病院には全て私が付き添った。40度近い発熱があるので、子供を抱っこで移動させたことも多いので、感染を防ぐためにマスクや手洗いと言っても限度がある。自分が発症することは覚悟していたし、次男や妻が発症することも想定しておかなけばならなかった。
 次男の発熱を毎日警戒したが、鼻水を流す程度でピンピンしており、長女・長男も食欲は落ちたものの数日で回復しだした。しばらくして私も妻も37℃を超える発熱はないものの、喉の痛みや気怠さを感じるようになった。子供たちの世話に疲れてそうなっているのか、もはや分からなくなっていたが、やはり何となくおかしい。私は職場の出勤の問題もあるので、次男が発熱しなさそうなのを数日確認して、受診することにした。PCR検査をしてもらうと当然私も陽性で、発症日から最低10日間は自宅療養となる。幸いにも呼吸が苦しいようなことにはならなかったが、この年度末にこれだけ休むと仕事がヤバい。しかし職場の同僚にも感染させたくないので、仕方がない。
 学級閉鎖が始まった時点で色々備蓄を買い込み、友人や既に最近感染して回復した父なども玄関まで買い物を届けてくれたりしたので、食料や日常品で困ることはなかった。しかし中途半端に体調が戻った子供たちは元気が有り余っている。大人は少し疲労気味で、寝てばかり。食料はあっても、食欲が湧かないのだ。とは言うものの家族全員大過なく過ごせたので、良しとすべきか。

 結局Amazonプライムビデオばかり観て過ごした。以前から観たかったものばかりだ。
 あまり後味が良くない映画ばかりだが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント